IMG_0364

根菜が美味しい季節になりました。

今日はごぼうの煮物をメインに

煮物弁当を作りました。

ごぼうは『免疫を高める』効果の高い

健康に良い野菜のひとつ。

ヨーロッパでは

古くから『解毒作用が最も高い』ハーブとして

薬用で用いられていました。

ヨーロッパ、シベリアから中国大陸にかけて

広く分布しているごぼうですが

根の部分を食用にしているのは日本だけのようです。

ごぼうの浄化機能は

虫垂炎(盲腸炎)の際に

ごぼう汁を飲ませて治したり

胆石や腎臓結石も溶かすと

されています。

牛蒡子(ごぼうの種)は

母乳の分泌促進としても

有効だとされている為

妊婦に牛蒡子を飲ませる産科病院もあります。

ごぼうの主成分は食物繊維。

食物繊維は、その昔

栄養成分として認められていませんでした。

近年、腸の働きを整え

コレステロールをコントロールしたり

発がん物質など有害物質を

体外に排泄する

重要な機能があることが

注目される様になりました。

食物繊維は

腸を刺激して蠕動運動を活性化させるため

便通を促してくれるため

便秘の人が常食すれば

症状の改善が期待できます。

腸内浄化が出来るために

善玉菌が増えて

悪玉菌が減って行くことで

免疫力が高まる。

風邪が流行っているこの時期

やっぱり旬のごぼうを食べるのは

理にかなっているって言うことですね。